お金も時間も心も自由で豊かな生き方

『GO!無料メルマガ』登録者さま限定プレゼントをGET ♪

【脱せどり】国内メーカーから仕入する方法 <基本編 その2> ~ 狙うべきメーカー ~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ひま電脳せどらー GO!
めちゃくちゃ『ひま』なのに副業の電脳せどりでお給料以上を稼いでしまってます。汗 なぜ、ごくごく普通のサラリーマンのぼくがひまでありながら稼げているのか!? キーワードは「国内OEM」「メーカー」「卸問屋」「外注化」です(^^)
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは
ま電脳せどらー GO!
です。

 

ぼくがなぜ電脳せどりをはじめたのか?なぜブログをしているのか?詳しいプロフィールはこちら(←)を見てやってください(^^)

GO!

 

前回は、国内メーカー仕入の基本として
物流のながれせどり仕入とメーカー仕入の違いについて説明しました。

 

 

 

 

前回記事でも話にあがった
めちゃくちゃ大きなメーカーが我々のようなせどりあがりの小売りと取引してなにかメリットはあるのか!?

 

答えは、まったくないです(笑)
というより、デメリットしかないでしょう。汗

 

じゃあ、どんなメーカーさんなら相手してくれるのか!?
今回は、このあたりのお話をしていこうと思ってます。

 

 

せどりで稼げるようになるためだけに作られた
圧倒的ナンバーワン!オンリーワン!のファイルを無料受けとってください!

さらに!

💡 今だけ特別にこちらを追加プレゼント中 💡
個人でも取引可能なネット卸 5選

 

 

どんな国内メーカーから仕入すればいいのか!?

 

一概にメーカーといっても、いろんな企業があります。
仕入れで着目すべきは、メーカーの規模です。

 

規模でメーカーを分けると、大きくはこの2つになります。

 

  • 大企業
  • 中小企業

 

メーカーから直接仕入れができるのは、ズバリっ!!
「中小企業」のメーカーが圧倒的に取引しやすいです!

 

中小企業は、「中小企業基本法」によってしっかりと定められていますが、大企業には明確な定義はありません。
一般的には、中小企業の基準よりも大きい企業を「大企業」と呼んでいます。

 

世間一般によく知られている有名な企業は、ほとんどが大企業です。
サントリーやグリコ、明治、ライオン、ソニーなど、言い出したらきりがないですね(^^)

 

「中小企業基本法」によると、
「資本金の額または出資の総額」が3億円以下であり
「従業員数」が300人以下の会社が中小企業に定められています。

 

というと難しく聞こえますが、メーカー仕入で狙うべき
誰もが聞いたことのある有名な大企業ではなく、聞いたこともないニッチな中小企業のメーカーさんということです。

 

規模がより小さいメーカーさんのほうが、圧倒的に取引してもらいやすいです。

 

だからといって、大企業のメーカーさんに取引交渉しないってことではないんです。

 

  • 大企業
  • 中小企業

 

っで、交渉の仕方を変えるってことなんです!!

 

 

取引交渉のながれ

 

せどりとは違い、メーカーや卸問屋から商品を仕入するには
まず、取引をしてもいいか!?ってことを必ず交渉する必要があります。

 

  • 大企業
  • 中小企業

 

で、取引交渉の方向性が変わってきますので、こちらについて説明したいと思います。

 

 

「大企業」の場合

 

先ほどもお伝えしましたが、大企業のメーカーさんから直接、商品を仕入することはかなり難しいです。
というより、99% 無理だと思ってもらえれば大丈夫です(^^)

 

理由は、せどりあがりの小売りと大企業が取引したところで、メリットがまったくないからですね。
むしろ、デメリットしかないでしょう。

 

  • せどり上がりの小売りと取引して、いくらの売上になる?
  • ちょっとした売上のために、取引管理しないといけない
  • 少量の仕入のためにわざわざ配送するのが手間
  • 信用・信頼もない小売りと取引して、ブランドイメージが崩れるリスクの方が高い

 

言い出したらきりがないですね。汗

 

大企業とわれわれでは規模(年商や物量など)が違いすぎるんです。
だから、大企業から直接商品を仕入するなんてことは、ほぼ不可能に近いです(笑)

 

じゃあ、我々は大企業のブランド商品を取りあつかうことができないんでしょうか!?

 

答えは、NO!です。

 

大企業のブランド商品でもあつかうことはできます!
物流のながれを覚えてますか?

 

 

メーカーさんから直接仕入れができない場合は、(大企業などの理由で)
どうあがいてもムリです。笑

 

そんなときは、交渉の方向性を少しズラしてみてください。

 

大企業のメーカーさんでも、商品を流通させる必要があるので
必ず、取引している「代理店」や「卸問屋」が存在します
必ずです!100%です!

 

すべてのメーカーさんが対応してくれるわけではありませんが
この取引している「代理店」もしくは、「卸問屋」を紹介してもらうように交渉してみてください。

 

GO!も大企業と呼ばれる有名なメーカーさんと何社も取引交渉をしてきました。
その中で驚いたのは、誰もが知っているであろう某有名な製薬会社さんと実際にお会いして商談するチャンスがありました。

 

ずっと感じていたのは、やはり規模が違いすぎること(笑)
そこで、直接にこだわらずとも、商品を仕入することができればOKなので
担当者さんに、商品を卸している問屋さんを紹介してもらえないか?っと交渉しました。

 

なんと某有名製薬会社さんが商品を卸している卸業者さんを紹介してもらうことができました。

 

💡 大企業に限らず直取引NGをくらった場合の交渉方法

メーカーさんが商品を卸している卸業者さんを紹介してもらうようにしましょう!

 

GO!はこの方法で、ネットで探しても見つからないような卸業者さんと取引することができています。

 

また、こういう卸業者さんはいきなりこちらから取引してほしい、と交渉してもNGをくらうことが多いです。
ですが、メーカーさんの紹介という形なので、卸業者さんもはじめから信用してくださいます。

 

メーカーさんの紹介で卸業者さんから取引を断られることはほとんどないです。
たま~に物量や配送の関係で取引成立とならないこともありますが(^^;

 

なんといっても、こういう一見さんお断りのような卸業者さんと取引できるようになれば
Amazonのライバルセラー増加値崩れを心配する必要がなくなり、より安定した売上確保になります。

 

 

「中小企業」の場合

 

大企業に比べて、中小企業のメーカーさんとは直接取引できる可能性があります。
より規模が小さなメーカーさんのほうが圧倒的に取引しやすいですね。

 

理由は、まだまだこれから自社商品を流通させていく必要があるからです。

 

大企業の場合は、もうすでに流通経路が確保されており、ブランド力も強いので
売上見込みが小さな経路を新規で確保する必要がありません。

 

それに対して、中小企業の場合は、売上見込みが小さくても新たに経路を確保して
どんどん自社商品を流通させていく必要があります。

 

そのため、我々のような規模がそれほど大きくない小売りでも比較的取引しやすいということです。
我々と取引することでメリットがあるということですね!

 

取引交渉~商品仕入までのながれ

 

1.取引したいメーカーに「メール/電話/訪問」でコンタクトをとる
2.取引条件を確認する(双方合致で取引成立)
3.仕入したい商品の見積もりを依頼する
4.価格、ロットが合えば、その商品を発注する
(はじめの支払いは現金前払いがほとんど)
5.1週間以内くらいには商品が届く
(取引成立すれば何度でもリピート発注&仕入が可能)

 

こんなイメージですね!
メーカーさんへの支払いはほとんどが現金前払いになります。

 

今まで数多くのメーカーさんとやりとりしてきましたが
はじめから後払いでOKっていう会社さんはなかったですね。汗

 

ただ、継続して取引を続けていれば、メーカーさんの方から
掛け払いにしませんか?っと連絡をいただけることもシバシバあります。

 

連絡がない場合でも、半年くらい経過すれば
こちらから「そろそろ掛け払いに変更できますか?」っと訪ねてみるのもOKです。

 

 

まとめ

 

今回は、メーカー仕入で狙うべき企業、取引のながれについて説明しました。

 

  • 大企業
  • 中小企業

 

取引の交渉内容は、この2つに大きく分けられます。

 

大企業の場合
直接、商品を仕入することは難しいので、
メーカーが商品を卸している代理店卸業者を紹介してもらうように交渉してみてください。

 

中小企業の場合
商品を直接仕入させてくれる可能性が比較的高いです。
まずは、取引したいメーカーに「メール/電話/訪問」してコンタクトをとってみてください。

 

 

大企業とコンタクトをとっても門前払いで相手にしてもらえないことも多いので
はじめのうちは中小企業のメーカーさんを狙って取引交渉することをおすすめします!

 

 

メーカー仕入とはどういうものか?
どんなメーカーを狙って取引交渉すればいいのか?

 

メーカー仕入の基本的な考え方はインストールできたと思います(^^)
次回は、メーカーと交渉(コンタクト)するのに準備しておくべきモノを説明していきますね!

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ひま電脳せどらー GO!
めちゃくちゃ『ひま』なのに副業の電脳せどりでお給料以上を稼いでしまってます。汗 なぜ、ごくごく普通のサラリーマンのぼくがひまでありながら稼げているのか!? キーワードは「国内OEM」「メーカー」「卸問屋」「外注化」です(^^)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ひまリッチLife , 2019 All Rights Reserved.